年齢を重ねることで【高齢者の大きな悩みのタネ】

MENU

  • 女性に多い病気

    更年期障害の治療についてお話していきます。発症してしまいますと、体調不良などの症状が起きますので、なるべく病院で治療を受けるようにします。また、治療を受けるためには、更年期障害に力を入れている病院を探す事が大事です。

  • 女性ホルモンの減少

    更年期障害は身体的にも精神的にも症状が出てしまうのですが、人によってその度合いは異なってきます。ですから一概に定義することはできません。大体50歳前後の方がなる傾向が強いと言われていますが、度合いもまた異なってきます。

  • 女性だけじゃない

    更年期障害は女性だけのものと思われていますが、基本的には男性も更年期障害を発症する可能性があります。男性の更年期障害を回避する栄養素を積極的に摂取して、更年期に向けて予防をしておくと良いでしょう。

体への影響

男性の更年期について

男性の更年期においても、女性と同様に、更年期障害の問題があります。男性にもある更年期障害ですが、男性の場合は特に他人に相談せず、一人で抱え込む傾向にあるようですので注意が必要です。 またそのような責任感の強く、真面目な性格の人ほど、更年期障害になる傾向にありますので、周囲の人が注意深く観察してあげる必要もあるでしょう。 また男性の場合は、うつ状態や、動機、ほてり、めまいなどの症状に加え、性機能障害もあります。以上の理由から、総合的に、夫婦関係へと影響を及ぼす可能性があるのが、更年期障害の特徴です。 お互いに症状を隠すというのが、もっとも危険なパターンですので注意が必要です。更年期障害は一緒に乗り切ることで、絆を深めることが出来るでしょう。

男性は40歳を過ぎたら、生活習慣を改善すること

男性は、40歳を過ぎたあたりから、更年期障害に気をつける必要があります。 その頃には、食生活を改善し、玄米菜食などの和食を中心にしましょう。そして水を1日に2リットル程度摂取し、適度な運動と、ストレッチやヨガなどでストレス発散することを習慣化しましょう。 それらを意識しながら働くことは簡単ではありませんし、全て実践するには精一杯動くことになるでしょう。しかし、それによって、良質の睡眠が得られることになります。良質の睡眠は、全ての基本であり、生活が歯車だとすれば、それは潤滑油なのです。 まずは良質の睡眠をとることを意識しながら、日中は過労に気をつけながら、精一杯動くことにしましょう。ただし清々しさを感じられるレベルで抑えることです。 そうした生活をすることで、更年期障害は乗り越えられます。